スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.12.26 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    2015の胡乱なM:tGランキング

    0
      薄く、狭く、髪の毛の生えている量と共に好きな事への感心も衰えて行く。
      歳を重ねて行く事も好い事ばかりでは無い。
      特に感性は鈍くなり、感動しているフリをして騙し騙し生きるようになる。それとも今までの昂りが何かの思い違い…

      とは云ったものの、変わらず熱狂し続けるモノもあるのだから不思議なもので。
      腰までどっぷりと沼に浸かっている、好きなものについて年に一度くらい振り返る事としよう。

      さて今年一年間でリリースされた、カードセットは「運命再編」「タルキール龍紀伝」「マジックオリジン」「戦乱のゼンディカー」の4セットである。が、スタンダードを熱心にプレイしていた「ラヴニカへの回帰」前後に比べるとやや思い入れのあるカードが少ない。
      とはいえ、2015年は「モダンマスターズ2015」がリリースされ、かつ国内最大級の会場でグランプリ千葉が開催された事がまだまだ記憶に新しい。
      スタンダードを追い掛ける熱を失いかけていた自分にとって、モダマス2のリリースはベストなタイミングだった。救われたのだ。

      この感謝の気持ちを込めて現スタンダード、モダンのカードを中心に2015のベスト20を発表しよう。

      第20位
      《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》

      どうしても自分でツモりたくて、ブースターパックを月一定例会の度に剥き続けた末にイタリア語版から遥々いらっしゃった。
      欲しいものを自力で手にするってのはいつだって嬉しいもので。
      今はシューユンがジェネラルのタイニーリーダーズにすんなりと入居。


      第19位
      《シディシの信者/Sidisi's Faithful》

      1マナ4/4にメリット能力!?
      重度のドラン好きとしてはテキストを歪んで解釈してしまうのだけれど、実際に現スタンダード環境にはドラン能力内蔵のエンチャントがあるのであながち間違いでは無い。
      濫用能力は対応して動かれると難しい場合もあるが、大概メリット能力として運用できる。自らがコントロールするCIPクリーチャーをバウンスさせて使い回す、PIGクリーチャーを誘発させてアドバンテージを取る、対戦相手のファッティを退かす、等用途は様々。
      現スタンではハスクとラリーを組み込んだデックでもメインボードから差さる事が少なくない。
      無論当方でもラリーに突撃陣形をタッチしたデックでお世話になっている。来年もどうぞよろしく。


      第18位
      《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx》

      モダンのカードとして紹介する事に若干の戸惑いを覚える程度には、ついこの間までスタン環境を席巻していた気が。
      このカードはべらぼうに強い。レジェンドルールの変更も追い風となり、モダン環境でもチラホラ見かけるようになった。
      私が苦手だった緑のデックを好きになるキッカケをくれたニクソスにありがとう。
      テラストドンを使いたいそこのあなた!
      今、緑信心がアツいのでニクソスは安いうちに4枚は揃えておきましょ?
      起源の波が高い?起源のハイドラがアホみたいにストレージに並んでます!


      第17位
      《思考囲い/Thoughtseize》

      言わずもがな、至高の前方確認スペル。モダンではジャンド、スタンでは黒コン、何から何まで本当にお世話になりっぱなし。
      モダンを本格的に始めるキッカケの一つ。


      第16位
      《軍族の解体者/Butcher of the Horde》

      一目見た瞬間、アリストクラッツ再来?とまで考えはした、あとは除去耐性が一つでもあれば…ともあれ好きなカード。
      主にお世話になってるのはコンティニュアスシールド。トークン戦術と噛み合った時の心地好さに何度脳汁を分泌された事か。


      第15位
      《波に漂うもの/Tide Drifter》

      2マナ5/5にメリット能力!?(以下略)
      ハンガーバックが0マナキャストできて、出てきたトークンは2/2になるという…っと齟齬だらけのコメントになってしまう。
      こちらもスタンダードの突撃陣形デックではお世話になってる強力なクリーチャーで、これからもそのポテンシャルを十二分に発揮して貰う予定。
      ちなみにモダンで活力の力線を積めばハンガーバックを乱用できるという発想はこの子から考えたのでその点にも多大なる多謝。


      第14位
      《つぶやき林/Murmuring Bosk》

      タルキール覇王譚のフェッチランド再録によってカジュアルレベルの構築にも磨きが掛かった事はほぼほぼ間違いない。
      つぶやき林は基本土地タイプを持っている為、フェッチランドから持って来られるっ。3色生む土地をフェッチから引っ張れるなんて、なんて…ゆとり世代に優しい。
      ドランジャンクを使用する時にも1枚差し込んでしまいたくなる程のイラストアドバンテージにも注目。


      第13位
      《起源のハイドラ/Genesis Hydra》

      続唱のような能力を内蔵する夢溢れるクリーチャー。
      なして安い、安い理由がないのに…。土地でないX以下のパーマネントと幅広くサーチする事が可能で、当方ではハートレスや緑信心で愛用している。様々な悪さを仕込みたい一心で通算で12枚程買ってしまった。


      第12位
      《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》

      何年か振りの黒単色純正プレインズウォーカー登場で、当方の黒への信心が再覚醒させられた1枚。能力もアリーナ、殺害と丸い設計なのにも関わらずお手軽価格なので持ってない人、4枚揃えましょう。
      デッキケースも購入し、たくさん剥いたらフォイルまで登場してくれたものだからスタンではオブさんコントロールまで組んでおります。
      アンチャも次が待ちきれないアツい展開に、恥ずかしながら良い歳こいて毎度ドキドキ。読んでない人は今からでもご一読を。


      第11位
      《稲妻/Lightning Bolt》

      強い、カッコいい。
      存在は復帰前から認知していたけれど、自らで使わなければ本当の意味での強さを実感は出来ない。
      ジャンド、アリストクラッツ、トリコで各種お世話になっております。
      ほんと強い。


      第10位
      《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》

      最初に買ったモダマス2の中からいらっしゃいました。家で眠っていたウルザランドを遂に使う日が来たかっ、と歓喜しやした。
      こうして振り返るとモダマス2には沢山の昂奮を与えて貰ったなぁ、と。良いセット。


      第9位
      《揺るぎないサルカン/Sarkhan Unbroken》

      綺麗なサルカンもオブさんと同様、デッキケースと同時に購入したファットパックからフォイルでいらっしゃった。
      組みましたともサルカンコントロール。
      今はモダンで5色プレインズウォーカーコントロールに入って色んなプレインズウォーカーを着地させるお仕事に邁進中。
      タルキールのアンチャもアツいアツい内容なので是非に。


      第8位
      《集合した中隊/Collected Company》

      プレビュー見た時に高騰して即禁止の流れが見えたので、4枚ツモってはいたけれど速攻手放そうと思っていた。が、友人に止められて手元に置いております。友人には多謝。
      が、能力的に今後登場するカードによっては禁止も無くはないだろうと未だに疑念を掛けながら使用してる。皆さんの意見はどうなんですかね?


      第7位
      《コラガンの命令/Kolaghan's Command》

      コラコマは、2015年ジャンドが得た新たな戦力の中で恐らく最も大きい。
      ドランジャンクからジャンドに変える決心をしたのもこの子のおかげ。モダンでもイニスト当時好きだったオリヴィアや狩達が使いたかったので、ジャンド次元へ連れ出してくれたこの1枚には感謝感謝。


      第6位
      《タルモゴイフ/Tarmogoyf》

      発売当日シングルで2枚、グランプリ千葉、箱買い、パック買いでフォイル含め5枚いらっしゃいましまし。
      彼にジャンドをガチで組む事を許可されたと言っても過言ではない。沢山剥いたとは云え、真逆こんなに当たるとは。
      ちなみに不人気な新規絵だけれど、自分はモダマス絵のが思い入れが強いので好き。
      愛用していると言える位使い込むぞ。


      第5位
      《搭載歩行機械/Hangarback Walker》

      強いカードは好き、この子は色も指定して来ないし、下手したら0マナで出せる。
      ボブでめくっても0点、活力の力線が初手にあれば1ターン目にキャスト、素で2マナ使っても損しない。
      好き好き。


      第4位
      《異端の癒し手、リリアナ/Liliana, Heretical Healer》

      純正ではないけれど、久々の黒単色プレインズウォーカーだった。
      能力はアリストクラッツで使うかハスクで波に漂うものとハンガーバック釣れって書いてある。尚、腸卜師が入ると±0で1ドロー出来て脳汁。
      ところで3マナ以下のプレインズウォーカーはタイニーで使える可能性が高いから、スタンモダンでチャンス無くても気にするようになったの、とてもグッド。


      第3位
      《英雄の刃/Hero's Blade》

      実は脳内でしか活躍してない。
      トラフトにつけて殴る、オジュタイにつけて殴る、ラヴィニアにつけて殴る!
      そんな妄想を青白しもべと共に構想してた時期がありました。
      脳内では沢山登場したんす。ホントなんす。
      来年こそは活躍させてみせる!みせる…!


      第2位
      《汚染された三角州/Polluted Delta》

      各種フェッチランド。ありがとう。ありがとう。来年からも宜しくお願い申し上げます。


      第1位
      《突撃陣形/Assault Formation》

      ここまで読んでしまった皆さんお疲れ様でした。
      1位については各種20位から2位までの間にこのカードが1位の理由が書いてあったと思うので割愛。
      この1枚で勝ち取ったFNMや定例会のゲーム数は数え切れないとだけ添えておくます。

      おわり

      | 1/43PAGES | >>

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 仮免許とかそのへんのおはなし
        Shu (03/25)

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM